オンガク

真夏の夜に聴け!なぜか懐かしく響くオーセンティック・スカの世界

投稿日:2015年7月16日 更新日:

BlogPaint
真昼のうだるような暑さは日没と共に薄れ、時折、網戸からの風がカーテンの裾を悪戯に揺らしている。湿った空気で黒く塗り潰された外の景色はしんと静まりかえっていて、足元で頼りなさげに首を振る扇風機の音だけが耳に触れている。
そんな真夏の夜にこそ、オーセンティック・スカを聴きたい。

 

オーセンティック・スカとは

オーセンティック・スカとは、1950年代にジャマイカで生まれたスカという音楽ジャンルにおいて、最初期から60年代初頭までのものを指す言葉である。

「オーセンティック」とは、「本物」や「真正」といった意味であり、スカは誕生以来時代や場所によって様々な形へと変化を遂げていった為に、初期のスカとそれ以降のものとを区別する目的でこう呼ばれるようになった。簡単に言うと「オリジナルのスカ」ということになる。

レゲエはスカのテンポを落としていった先に生まれたものであり、その途中でロックステディと呼ばれるジャンルも誕生している。
また、ジャマイカという小さな島だけの音楽だったスカ(レゲエ)は、70年代に入って白人世界で広く知られ、ロックやそのサブジャンルであるパンクと融合し、2トーン・スカやネオスカといった新しいジャンルが生まれた。

80年代に入るとハードコアパンクにかなり接近したスカコアが生まれ、90年代には日本でも多くのスカコアバンドが誕生している。

今日、単純にスカというと、ネオスカやスカコアを指すことが多く、50年も前のオリジナルなスカはあまり耳にすることがないかもしれない。だからこそ今改めてその良さを再認識しようではないかというお話なわけです。

半世紀も前に地球の裏側で鳴っていた音楽なのに、どことなく日本の夏の風景に溶け込むような情緒を感じさせるオーセンティック・スカ。
知らない世界なのに懐かしい感じがするのはどうしてだろう。まあベンチャーズも似たようなもんだけど。

ということで、何となく気だるい夏の夜にゆったり聴きたいスカ20選です。

 

Turn To The Almighty

モコモコしたベースラインが湿った夏の空気を感じさせる。リバーブがかったボーカルの声色も良い。

 

Skaramont

日本語詞が上手く乗りそうなメロディ。なんかの歌謡曲に似てるけど思い出せない・・・。

 

Arte Bella

トランペットのフレーズが雄弁で良い。 arte bellaの意味は「美しい芸術」?違うか。

 

summertime

スカにハマったきっかけがこれ。収録されてるCDあったら誰か教えてください。見つからないので。

 

Mouth A Massy

スカのボーカルってユニセックスな感じが多い気がする。 レゲエはホモフォビアが強いけど。

 

I Won’t Let You Go

ルーツであるR&Bの色が強め。モッズが好きそうな感じしない?しないか。

 

Look Away Ska

むせび泣くような管楽器の渋さ。don’t look away from skaじゃなくていいのかタイトル。

 

Scambalena

夜の縁日って感じがする。俺だけか。scambalenaってどう意味なのかわからん。

 

El Bang Bang

単調な構成だけど楽器の絡み方が好き。特にピアノがいい。

 

Ringo Rides

実は美空ひばりの「りんご追分」のカバーだったりする。どういう経緯なのか謎である。 お婆ちゃんに聴かせてみよう。

 

Silver Dollar

アドリブなのだろうか、すごく遊んでる感じがするトランペット。即興っぽい感じ好き。

 

Alley Pang

ダムダムしたドラムがすごく熱帯夜っぽいイメージ。蒸し暑い。

Bongo Tango

こっちは逆にカラっとした感じ。テンポが速いからかな。こういった速度に疲れたジャマイカンは次にロックステディを求めるようになったわけです。

 

Tribute To Nehru

Nehruとはインドの初代首相ジャワハルラル・ネルーのこと。独立運動の指導者である。ラスタファリっぽい一面が見える。

 

Country Town

真夏の夜の狸小路7丁目って感じ。オレンジ色の照明。誰にも共感されないとは常々思ってる。

Chinatown

チャイナタウンっぽいのイントロだけなんですけど。ポランスキーの映画と関係あるのかなと思ったら時代が全然違った罠。

 

Smiling

やたらと手数の多いドラムのカツンカツンな音がなんか気持ちいいんだ。

 

Addis Ababa

アジス・アジバではない(Zガンダム)。アジス・アベバはエチオピアの首都名。つまりラスタファリ思想の曲なのだ。

 

Goldfinger

おそらく007goldfingerの何かなんだろうね。うるさいスキャット?と流れを無視したようなボーカルが味です。

 

Don’t Want Your Loving

ちょっと毛色が違うかも。この緩さがなんともカリブ海って感じがするなあ。カリビアンどっと混む。言ってみただけ。

 

ということでオーセンティック・スカでした。
オーセンティックを聴く上で避けて通れないのがskatalites(スカタライツ)というバンドです。スカタライツのベスト辺りから聴き始めのるのが一番わかりやすいんじゃないでしょうか。古い音楽なのでクレジットがCDごとにバラバラだったりしてどれがスカタライツでどれが違うのかよくわかりませんが。
あとはレーベルごとに出ている編集盤など。この辺を複数購入すると、かなりの数の曲が被ってしまうのですが、慣れてくると知らない曲あったらラッキーぐらいの気持ちで買えるようになります。たまに全然時代の違う2トーン・スカが混じってたりもするのでアレなのだがね。

 

おすすめCD

というかネタ元

Occupation Ska
The Skatalites
Nascente
2009-10-19


とりあえずこれ。一番最初はスカタライツを聴いておけば間違いない。
二枚組でしかも安いのでオススメ。

 

Beginner’s Gui
オムニバス
Nascente
2009-06-22


三枚組。時代ごとに分けてある。1、2枚目がオーセンティック中心。
3枚目は2トーン。

Ska Bonanza: Studio One Ska Years
Various Artists
Heartbeat / Pgd
2006-05-16

 

Studio One Ska
Various Artists
Soul Jazz
2004-01-01

 

Foundation Ska
Skatalites
Heartbeat / Pgd
1997-09-09

 

とまあ、こんなもんですかね。

この良さが誰かに少しでも伝われば幸いです。

ではまた。

-オンガク
-

執筆者:

関連記事

「僕たちには場が必要だ」札幌の伝説的フリースペース【駅裏8号倉庫】

    かつて札幌に存在した伝説のフリースペース「駅裏8号倉庫」について少々調べたのでまとめてみる。備忘ログ的なもんです。筆者は1982年生まれなので思い入れ等は一切御座いません。 …

さらば青春の光とリアルモダニスト

モッズってなんだろう。  モッズ(Mods)、モダンズ(Moderns)の略とのこと。1960年代前半、ロンドンで興った若者文化のひとつ。50年代のIVYファッションを基とした細身スーツに軍物のロング …

みなぎる全力感!ももクロ2011年ライブDVDレビュー

今回はももクロネタ。 一部のアイドルファンにしか知られていなかった無印時代から、人気、実力ともに急成長を遂げ全国区でのブレイクを目前に控えた二度目のももクリまでの、ももクロの歴史において最もスピード感 …

no image

オーセンティックとは本物って意味だ

no image

田舎の風景とキンクス

よく晴れた昼下がり浅き眠りにつく心地よさよ。 I’m only sleeping / The Beatles Sunny afternoon / The kinks ふわーっとした気分に浸 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)