オンガク

オーセンティックとは本物って意味だ

投稿日:

札幌も桜が散り始め、初夏の陽気を帯びてきました。外出てないけど。
なんだかスカを聴きたい気分。

スカとは、1950年代のアメリカのニューオーリンズジャズやR&Bの影響下にあるジャマイカ音楽のことで、1960年代前半までに急成長を遂げた音楽であります。その後ロックステディ、レゲエと変化していき今に至る。
詳しいことはwikiペドフィリア先生に聞こう!
スカを大きく分けると60年代までのオリジナルなスカ「オーセンティック・スカ」と70年代にリバイバルした「2トーン・スカ」以降に分別できます。


Lloyd Clarke/Summertime
一番最初に好きになったスカの曲です。どこで聴いたのかは覚えていないけども。
このSummertimeって曲は原曲が別にあって、それのスカバージョンということなんだそうです。色んな人がカバーしてるようです。古くはゾンビーズとか最近だとスカパラとかね。このディスコアレンジが結構好き。
でも一番好きなLloyd clarke版の音源が手に入らないんだよね。
テンポの遅い奴はあるんだけど。

Summertime
Alexander Music Group
2013-10-30


アナログ盤を早回ししてるのかな。違うかな。わがんね。
文化も人種も違う遠い遠い国の、さらに50年以上も前の音楽なのに、なんだか妙に懐かしい耳触りがするのは何でだろう。
個人的には夏の夜中の狸小路7丁目って感じの音です。
たぬきこうじ_b
同意は求めない。

-オンガク

執筆者:

関連記事

さらば青春の光とリアルモダニスト

モッズってなんだろう。  モッズ(Mods)、モダンズ(Moderns)の略とのこと。1960年代前半、ロンドンで興った若者文化のひとつ。50年代のIVYファッションを基とした細身スーツに軍物のロング …

SOFTBANKのCM曲、天才バンドの「ダラダラ」がえらくいい感じ

更新停滞中。 小ネタを一つ。 softbankのgoogle play musicのCMなんだけど、この曲すげーいいです。 天才バンドという方たちの「ダラダラ」という曲だそうです。 一昨日、たまたま職 …

【90年代】邦楽アルバム私的名盤100枚レビュー【00年代】 前編

たまには長い記事を書こうと思うわけです。 1982年生まれの僕が、これまでの人生の中でよく聴いたなと思うものを100枚挙げてみました。 そこまで音楽に造詣が深いわけでもないので、割とメジャーなものばか …

『ビートルズ1のその次に』初心者向けアルバムガイド②

「おう、アレだ。アレ聴けばいいんだ。」 はい、前回に引き続き、ビートルズ1にてビートルズ入門を果たした方たちへ向けて、次に聴くべきアルバムを紹介していく企画その②です。 その①→『ビートルズ1のその次 …

真夏の夜に聴け!なぜか懐かしく響くオーセンティック・スカの世界

真昼のうだるような暑さは日没と共に薄れ、時折、網戸からの風がカーテンの裾を悪戯に揺らしている。湿った空気で黒く塗り潰された外の景色はしんと静まりかえっていて、足元で頼りなさげに首を振る扇風機の音だけが …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)