マンガ

姉ショタエログロSFファンタジー冒険劇 鈴木央【僕と君の間に】

投稿日:2016年1月2日 更新日:

ひさしぶりに漫画ネタを書くぞと。
10年ぐらい前に2巻まで読んで、つい最近最終巻を読んだ「僕と君の間に」でございます。

「姉ショタ」なのか「おねショタ」なのかわからない…。
titlebokukimi

現在少年マガジンにて「七つの大罪」を好評連載中の鈴木央が、2003年から2006年までウルトラジャンプで連載していた作品。
初の青年誌連載ということで、これまでの作品には見られなかったエログロ要素や濃厚なSF設定が刺激的で面白い。

天国という名の地獄

heaven四方を巨大な滝に囲まれ、外界から隔絶された円筒状の居住区「ヘヴン」。
数年前に突如発生した病により、二千人いた住人はわずか数人を残して死滅。
滝の向こうに広がる外界へ想いを馳せ、残された人々は飛行機を造り出してこの「地獄」からの脱出を画策するが、全て失敗に終わってしまう。

最後に残された二人、気弱だが機械に強い少年ホークと幼馴染の勝気な少女セルマは先人と同様に飛行船を造り上げ、ヘヴン脱出を謀る。

二人
旅立ちの前日、予行演習と称してセルマは一人飛行船の舵をとり、ヘヴンの上空を旋回する。その時ホークは予備の部品や燃料を求めて足を踏み入れたことのないヘヴンの地下へと訪れる。
そこでホークは厳重に閉ざされた扉の奥に管制室のような施設を見つける。
「ドーム・オブ・ヘヴン」「音響システム」「気候システム」「空調システム」…と記された装置群を目のあたりにしたホークは胸騒ぎを感じ、セルマの元へと駆け付ける。

その瞬間、セルマの乗った飛行船は空に衝突して爆発。
donana

巨大な滝もその向こうに見えた遥かな世界もすべてドーム型プロジェクタに映された虚像であった。

セルマを失ったホークは悲しみに打ちひしがれるも、彼女の想いを汲み、外の世界へと旅立つ。
soto

航行の果て、飛行船の墜落によって地上に降りたホークは、暗闇から現れた集団に襲われ拉致監禁されてしまう。
そこは厳格な奴隷制度が支配する独裁国家であった。
ホークは捕えられた檻の中で気丈な振る舞いと人間離れした身体能力を纏う女「ダリア」と出会う。
dariadaria2

ダリアもまたホークと同じように外の世界からここへ訪れ、この国の住民に捕えられていたのだった。
ダリアは、ホークの飛行船を修理できる技術をかい、行動を共にする。
その頃牢の外では、長年虐げられてきた一人の奴隷が王に対し反逆を企てていた・・・。

とこんな感じです。ここまでで二話分ぐらいかな。
二人は奴隷国家を脱出した後、いくつかの国を放浪し、ある地点でそれぞれの過酷な戦いの運命の飲み込まれていくのでした。

色々ともったいないなぁ

物語的には頭とケツが決まっていて、その間に各地を転々としてエピソードを紡いでいく構造なので、もう2つ3つ知らない土地を旅する話があっても良かった気がする。
打ち切りなのかなこれ。もったいない。

物語の核は「ハイブリット」と呼ばれる遺伝子操作されたダリアの一族の物語なんだけど、これがなかなか練られていて面白い。
ヘヴンの存在理由が上手く組み込まれていて、ああ成程と。
風呂敷の畳み方もキレイで良かった。

後半大量に出てくる新キャラ(ほとんど敵)は見せ場が全然無いまま回収されていくのが何とも。
最終巻の巻末に設定集みたいなのが載ってるので、連載続けば動かす可能性があったのかもしれない。
とは言え、このぐらいあっさり締めたのが正解だった気もするんだけど。

青年誌なのでけっこうエグい描写が多く、好き嫌いは分かれるかもしれない。人がやたらと死ぬしね。
しかも酷い方法で。

書きこみ量が多くてちょっとゴチャゴチャした印象はあるんだけど、絵は抜群に上手いですね。狭いスペースに広い空間を描けるってなかなかに技術力が必要とされるもんだと思う。
アクションシーンの効果とか構図とか書き文字とか鳥山明の影響が凄く強い。
toriyama
ジャンプ作家でもここまで鳥山っぽいのってあんまいない印象。メカデザのセンスも良い。
そういえば、キャラの配置はドラゴンボールGTみたいではある。まあ王道なんだけど。

全3巻とコンパクトなので手にとってみてはどうでしょうか。
表紙のデザインが悪いのが残念だなあ。

ではまた。



-マンガ

執筆者:

関連記事

お前らチャンピオンも読めよ!割と最近の週刊少年チャンピオンで面白い漫画7選

週刊少年チャンピオン かつては週刊少年誌の覇権を握ったこともある存在だが(35年前)、今や「我ら四天王の中で最弱!」と言われても仕方がないほどにその権威は地に落ちている。(発行部数公称50万部) しか …

先生うちのこと嫌いやろ。嫌なやつでも、気持ちいいんか【女の穴】ふみふみこ

女の穴 ふみふみこ 月刊COMICリュウ2011年3月、6月、8月号掲載+書きおろし 全1巻  非常に挑発的で扇情的なタイトルを持つ、ふみふみこの単行本デビュー作。女子高校生3人の性行為を軸に描かれる …

1968年、東京。青年は原爆を目指す。【アンラッキーヤングメン】

アンラッキーヤングメン 大塚英志×藤原カムイ 全二巻 1968年、東京。戦後民主主義と共に、戦争を知らない子供たちは モラトリアム最期の季節を迎えた。   親からネグレイトを受けて育ち、集団 …

楽園から海街へと至る道 吉田秋生作品名作レビュー

「海街diary」の映画化を記念して、吉田秋生の過去作品から、個人的に好きなものを紹介したいと思う。   吉田秋生(よしだあきみ) 1956年東京都渋谷区生まれ 1977年「ちょっと不思議な …

やがて大人になる子どもたちは今日も世界の理と対峙する【少年少女】

少年少女 福島聡                 月刊コミックビーム2001年12月~2004年4月連載 単行本全四巻 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)