エイガ

若き日の丹波哲郎にシビれる!痛快SAMURAIアクション【三匹の侍】

投稿日:2015年8月2日 更新日:

三匹の侍 1964年松竹

たまには古い映画でも。
こういった古い時代劇映画は守備範囲外なので知識が全然無く、突っ込んだ話が出来ないのですが、その分だけ自分の目には新鮮に映ったのでした。
これ滅茶苦茶カッコいいんだよ。ストーリーはまあベタな感じで、農民と領主のいざこざに浪人が割って入って助けるっていう感じなんだけども、殺陣の魅せ方がいいし、何といってもキャラクターが最高に魅力的だ。

b009ix46jq

柴左近(画像中央) 丹波哲郎

主人公。義理硬くストレートな男。宿を求めてふらっと立ち寄った村で代官の娘誘拐事件に出くわしてしまい、その後の成り行きを見守ることから事件に巻き込まれていく。良くも悪くも真っ直ぐな男であり、自己犠牲精神が強め。世話焼き気質。
とにかくオーラが半端無い。丹波哲郎って変なメガネかけた霊界おじさんって印象しかなかったんだけど、存在感が圧倒的で滅茶苦茶カッコいい。

桜京十郎(画像右) 長門勇

岡山弁を話す芋侍。食うに困らないという理由で代官屋敷の牢に入っていたが、代官の命を受けて百姓討伐へと参加する。百姓が誘拐事件を起こした理由を知るとあっさり百姓側についてしまう。情にもろい性格。その性格から後半決断を迫られる場面があるが、結末は何とも切ない。
一見とぼけたキャラクターだか槍の名手であり、敵の囲いを一蹴するかなりの強キャラである。こういうのいいなあ。

桔梗鋭之介(画像左) 平幹二郎

ニヒルな二枚目。飄々とした性格で女好き。刀は背中に背負う派。代官屋敷で居候をしているため、柴らと対立する立場にあったが、代官の裏切りにより襲撃で愛人を亡くし、柴らに合流する。損得勘定で動く非情さを持っていると嘯くも、柴の人柄に惹かれたと告白する。
桔梗「お主が好きだ…」柴「馬鹿…///」←なんだこれは…たまげたなあ…。男どうしの友情いいよね…。

 

 

本作は1963年~69年まで6シーズンに渡って放映された人気テレビ時代劇の劇場版。第1シーズンの第一話をベースにしている。殺陣やカメラワーク、斬撃にSEを当てるなどの新しい演出で人気を博した。らしい。
白黒映画なので、慣れない身としてはどうにも見づらいのだが、観ているうちにどんどん引き込まれていく。余計な背景を持たない純粋なエンタテイメント作品として一級品だと思う。劇場版がこれ一本しかないのがちょっと惜しいなあ。テレビシリーズを追いかけるのはしんどいし。

昭和39年というと東京オリンピックの年だし、すんごい昔の映画の様な気がしてしまうのだけど、イージーライダーやウッドストックと5年も違わないんだなと思えばそうでも無かったり。何とも不思議な気分です。

-エイガ

執筆者:

関連記事

まや…恐ろしい子!エビ中舞台『マキアート』にみる可能性

シアターシュリンプ第一回公演 エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート これぞ「キング・オブ・学芸会」 本作は「シアターシュリンプ第一回公演」と銘打たれた、私立恵比寿中学の本格的な …

愛する者の為に悪堕ちする最低のクソ野郎【ブレイキングバッド】

ブレイキングバッド 全63話 ブレイキングバッドっていうメリケンのドラマを全部観たんですよ。観たんですよって言っても結構前の話なんですけどね、話せる人が誰もいないのでここに書こうかなと思ったわけです。 …

今更実写版TOKYO TRIBEを観た。ダメだこれ。

井上三太の代表作「TOKYO TRIBE2」を原作とした実写映画。 監督・脚本、園子温。 最高にクソ映画だった。誉め言葉でもなく。 関連

クレイジーすぎる!!ロックンロール(略)ムービー【狂い咲きサンダーロード】(5/10追記)

狂い咲きサンダーロード(1980)   上等じゃねえの!やってやろうじゃねえの!   ロックンロール・ウルトラバイオレンス・ダイナマイト・ヘビーメタル・スーパームービー・・・だそう …

さらば青春の光とリアルモダニスト

モッズってなんだろう。  モッズ(Mods)、モダンズ(Moderns)の略とのこと。1960年代前半、ロンドンで興った若者文化のひとつ。50年代のIVYファッションを基とした細身スーツに軍物のロング …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)