エイガ オンガク

さらば青春の光とリアルモダニスト

投稿日:2015年5月10日 更新日:

モッズってなんだろう。

1964mods

 モッズ(Mods)、モダンズ(Moderns)の略とのこと。1960年代前半、ロンドンで興った若者文化のひとつ。50年代のIVYファッションを基とした細身スーツに軍物のロングコートを組み合わせるスタイルが有名。派手に改造したスクーターに乗り、R&Bやソウルを愛し、週末はダンスフロアで踊り明かす。10代後半の労働者階級の少年少女にて構成される。

というものです。

モッズを手っ取り早く知る教本としてよく名前が挙がるのが「さらば青春の光」という映画です。モッズじゃないのにモッズとして売り出され泣かず飛ばずだった過去のあるザ・フー(ピート)が製作に大きく関係しております。
リアルなドキュメントではないので、モッズという「遊び」に翻弄され転落する少年を主軸に、モッズのライフスタイルや対立するロッカーズとの抗争などが映画的に描かれる。
モッズを卒業した大人の目線で作られた映画なので、どうにも主人公がかっこ悪く見えてしまう。モッズが「遊び」であるという現実を一人だけ直視できなくて駄々をこねている子供である。
高橋ツトムの「爆音列島」を読んだときにも似た感情を覚えた。

とまあ、あれな紹介の仕方をしたんですけども、好きな映画なのであります。音も映像もカッコイイのである。うん。
当時を知ることの出来ない人間としては貴重な映像資料なのだが、どうにもしっくりこないというか腑に落ちない部分がある。60年代のロンドンを見てきた人たちが作ったものなのだからこれがリアルに近いものだろうし、当時生まれてもいない極東の小僧が何を言おうと無意味であるけれど。
その違和感はモッズの聴いていた音楽と「モッズバンド」と言われる音楽の差に似ている。前者はモッズの世界の外から入ってきた音楽であり、後者は内側の人間が真似て作ったものである。
対立する集団のロッカーズに対する扱いも映画では随分と好戦的であり、抗争のシーンは映画のハイライトとなっている。しかし抗争を煽ったのはメディアであり、実際に乱闘に参加したのは新聞を読んで集まった少年たちであって、当のモダニストは関心が薄かったとの説もある。

「本来のモッズはもっとクールでシンプルで、センスの良さがあった。あえて外してスカを聴くのが信条みたいな。あんなゴテゴテしたバイクになんか乗らない。」なんて主張している人もいる。ピーター・バラカンとか。そもそもティーンの文化ではないとも。

ブームが終焉に向かって加速していくさなかで、過剰に装飾されて低年齢化していくのはよくあることだ。そして本来のマインドは失われて見せかけだけが残っていく。思い当たるような流行あるでしょ?

 

「さらば青春の光」はどうにもムーブメントの終り頃に乗っかった人間が思い出と資料を集めて作った映画に見えてしまう。公式なストーリーが事実と反することが多いのはよくある話。真相は当人たちしか知る由もない。
モッズの幻想に憧れを持ち続ける自分は、もっとカッコイイものを見たかったというだけのお話です。

 

-エイガ, オンガク

執筆者:

関連記事

no image

オーセンティックとは本物って意味だ

アイドルは荒野を目指す

10月9日、札幌のローカルアイドル「ミルクス」のメンバー、小林渚のグループからの脱退が急遽告知された。それに伴って14日に行われる定期公演も卒業公演へと変更された。(9日朝の時点では「卒業公演」という …

【00年代】懐かしの邦楽ヒット曲 2000年編【懐メロJ-POP】

俺は20世紀生まれ、J-pop育ち。売れそな曲は大体聴いてる。売れそな曲は大体同じ。   今回は西暦2000年ごろに僕らのまわりで流れていた懐かしの邦楽ヒット曲を掘り起こしてセンチメンタルな気分に浸ろ …

今更実写版TOKYO TRIBEを観た。ダメだこれ。

井上三太の代表作「TOKYO TRIBE2」を原作とした実写映画。 監督・脚本、園子温。 最高にクソ映画だった。誉め言葉でもなく。 関連

【90年代】邦楽アルバム私的名盤100枚レビュー【00年代】 前編

たまには長い記事を書こうと思うわけです。 1982年生まれの僕が、これまでの人生の中でよく聴いたなと思うものを100枚挙げてみました。 そこまで音楽に造詣が深いわけでもないので、割とメジャーなものばか …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)