サッポロ

札幌真駒内の山中に謎の施設がある件

投稿日:2016年11月13日 更新日:

僕は幼少時から地図を見るのが好きな暗い子供でした。
地図を眺めながら、未だ訪れたことのない土地に想いを馳せる・・・なんて高等な遊びに興じていたわけではなく、自分が住んでいる街を俯瞰的に見るのがなんとなく好きという程度のものです。
そしてそれは未だに変わっておりません。

ああ、この区とこの区の境界線がいびつな形をしているのは、以前ここに川があったんだろうな、とか、基準になる縦横の通りの角度が微妙に異なるのは以前は別々の自治体だったからなんだな、とかそういうことをぼんやり考えるのが好きなわけです。
この町名が現存してるのは川の土手にしかないとか、大きな川を跨いで飛び地になっている場所とか、何か歴史を感じさせるポイントに興奮する体質のようです。
廃線・廃駅跡とかもたまらないわけです。札幌は古いものを割と簡単に壊してしまうので、現存してるものは少ないんだけども。

Googleが航空写真やストリートビューを実装してからは暇さえあれば見てるわけです。
特に航空写真は、日常の生活では普段見ることの出来ないものが実はすぐそこにあるのだと気付かせてくれるという意味において、非常に不思議な体験をもたらしてくれると思っております。

はい前置き終わり。

森の中の謎の施設

で、本題なんだけども、真駒内に変な施設があるぞという話。

先日、地下鉄南北線真駒内駅あたりの航空写真をなんとなく見てたんだよね。
今や大物俳優になられてしまったチームナックス大泉洋氏のご実家を探してて(本人が出身を明かしてるので問題ないよね?)、なんとなく目に付いた。

真駒内駅周辺

札幌市営地下鉄南北線の南側の終点である真駒内駅。
1972年の札幌オリンピックに向けて札幌で初めて整備された地下鉄駅の一つです。
1969年までは定山渓鉄道が走っており、その跡地に高架が作られた。(南北線南平岸以南は地下鉄なのに高架を走っている)
駅の西側は宅地化が進み、札幌市内で3Mと呼ばれる高級住宅地の一つが造成されている。ちなみに残り二つのMは円山と宮の森。
駅の東側は山林が広がっており、宅地はほとんどない。

この駅東側の山林の中にぽつんと不思議な空間がある。
駅舎から南東に350m先にある、縦100m弱、幅50m弱程度のキレイに伐採された長方形の空間。

なんだろうこれ。

aszxdew

まん中には飾り気のないT字型の建物。北側に4つの円形がある。
そして周りをぐるりと見渡してみても外部に繋がる道が見当たらない。

うーん。
すぐ西側には真駒内駅から伸びた格納庫?があるみたいなので、地下と繋がっているのだろうか。
建物自体は長手で15m程度の大きさである。
4つの円がなんだか意味不明で不気味な感じがする。ヘリポート?

地図上では(なぜか建物の位置がずれているが)南側から伸びる道路が確認できる。航空写真では木々に隠れて見えない。

この南側に伸びる道路を辿っていくと、幹線道路とぶつかるポイントがある。
ここね。

お、入口っぽいぞ。なんか看板立ってるし

ということで、ここに行ってみた。
思い立ったのが早朝だったのでちょっと写真暗いんですけど。
 2016-11-13-06-08-31
青い方の看板はウォーキングコースの案内板。
今回の件とは関係ない。
なんでこんな人目に付かないとこにあるのか不明。

2016-11-13-06-08-41
となりにある白い方の看板は防風林の案内。
ここで変なことすんなよって趣旨の注意書きがなされてる。
手書きであり、状態からかなり古いものだと思われる。
不気味である。

2016-11-13-06-08-52
看板の手前から北側を望む。
ここから600mほど先に例の謎施設がある。

2016-11-13-06-09-07
チェーンが張られておりこれ以上の侵入不可。
緊急車両が出入りするらしい。車両が通った跡があり、まだ若い。常時使用されているようだ。

ということは例の施設は緊急車両の車庫になるのかな?
緊急車両ってなんだろうか。自衛隊?開発局?
森の中に隠すように作られている理由がわからない。雪降ること考えたら運用面で不便だよね。

今度は施設の東側を見てみる。
東側を南北に走る幹線道路からも入口の様なポイントがあった。


ここ

わかりづらいんだけど、道っぽくなってるんだよね。
2016-11-13-06-12-18
この100m先にあの建物がある。
このあたりではここだけ木が伐採されていて何だか怪しい雰囲気。
気になる。

結局何なのかわからずじまいなんですけど、何なんでしょうかね。
多分そんなに大したものではないんだろうけども、秘密裏に存在する謎の施設とかワクワクしてしょうがない。
ネットで調べても全然詳細がわからないし。
そしてそんな不思議が日常生活のすぐ隣にあって、空から見ないと気付かないっていうのが何ともたまらないです。 

追記

後日、会社の住宅地図(家主の名前まで載ってる業務用の地図)で見てみるとあっさりわかってしまった。

image

 水道局の管轄で、配水池だそうです。
 緊急遮断弁付き配水池というものらしい。

 札幌市のHPによると、災害発生時などの通常の給水が不可になった場合に可動する貯水施設とのこと。

http://www.city.sapporo.jp/suido/riyosya/saigai/torikumi/unpan/index.html

 この他にも市内には同じ用途の施設が15ヶ所あるようです。
全然怪しい施設じゃないでやんの。

ということで一つお勉強になりましたというお話でした。

ではまた。 



 

-サッポロ

執筆者:

関連記事

札幌ゲーセン探索その② 北24条の防衛要塞【ジーバオアグー本店】

レトロアーケードゲームを探して市内のゲーセンを探索する企画その② ジーバオアグー本店編 その①→設置台数80以上を誇るレトロアーケードゲーム天国【スガイ札幌中央】 北24条界隈 札幌市北区の北24条界 …

札幌ゲーセン探索その④ 道化師の夢は夜開く【ゲーム・イン・ピエロ】 5/15追記

※5/15追記しました。 レトロアーケードゲームを探して市内のゲーセンを探索する企画その④ その①→設置台数80以上を誇るレトロアーケードゲーム天国【スガイ札幌中央】 その②→札幌市内ゲーセン探索紀行 …

【札幌ドーム】道外遠征者が知っておきたい3つのこと【新千歳空港】

道外または道央圏以外の道民へ向けた簡易的なガイドです。 コンサート等で札幌ドームへ行く際に、地理的な面で知っておいた方が良いことを書きたいと思います。 1.新千歳空港と札幌ドームの位置関係を知ろう 空 …

設置台数80以上を誇るレトロアーケードゲーム天国【スガイ札幌中央】

 西暦2015年。かつて日本国内に数多く存在したゲームセンターは今や絶滅の危機に瀕している。札幌市内も同様に、ここ10年で小規模店舗は軒並み消滅してしまった。 しかし、市内に現存するゲーセンの中では最 …

「僕たちには場が必要だ」札幌の伝説的フリースペース【駅裏8号倉庫】

    かつて札幌に存在した伝説のフリースペース「駅裏8号倉庫」について少々調べたのでまとめてみる。備忘ログ的なもんです。筆者は1982年生まれなので思い入れ等は一切御座いません。 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)