マンガ

やがて大人になる子どもたちは今日も世界の理と対峙する【少年少女】

投稿日:2015年5月29日 更新日:

少年少女 福島聡

41JN09JZKDL
 

 

 

 

 

 

 

 
月刊コミックビーム2001年12月~2004年4月連載
単行本全四巻

ダラダラと長く連載が続き段々と世界観が崩壊していく作品よりは、ページ足らずでもその余白で作品世界の余韻に浸れる短編の方が好きです。

表紙買いをしてアタリを引いた稀有な例。そもそも書店で表紙に目が行くのは平積みされているからであり、それなりの営業努力に呑まれた結果だろう。今思えばこの表紙のどこに惹かれたのか皆目見当つかない。もう10年以上前の話ですけどね。
マイナーレーベルの割には今でも古本屋でたまに見かける。それなりに売れたのだろうか。


全話読み切りの連載シリーズ。毎回、時代も場所も異なる設定で少年少女を中心に据えた物語が展開される。
いくつか抜粋すると

IMG_20150529_0006_NEW
「触発」(1巻)
不慮の事故で友人の兄を死なせてしまったヨシコ。自問自答の末、死なせてしまったジロウのことを一生因果に含んで生きていくと決める。ジロウの弟ゴローはヨシコに対し複雑な想いを寄せるが・・・。

 


「自動車、天空に。」(1巻)
スクラップ工場で変な車ばかり造っている男、理(まこと)と近所に住む女の子、直(なお)。直は幼稚園生に始まり、中学、高校、大学、結婚、出産、離
婚と人生経験を積み重ねていく中で、その時々に理のもとへと遊びに訪れるが、理はいつまでも変わらず変な車を作っているのだった。

 


IMG_20150529_0010_NEW「土に還る花」(2巻)
看護学生のエビスは、自身が介護を担当していた老人患者の突然の死を聞かされる。最後に交わした「俺が死んだら土葬にしてくれ」という言葉が引っかかっていたエビスは、友人の重一郎に頼んで見晴らしの良い丘に埋めてもらい、死について考えを巡らせる。

 


「憂鬱と薔薇」(4巻)
自宅で引き籠っていた鬱で不感症気味な少女なつめは、ハイテンションでゴーイングマイウェイな少女クガに半ば強制的に外へ連れ出される。なつめはクガに悪態をつきつつも二人はバイクで薔薇園を目指す。

 

この拙い文章力ではさっぱり良さが伝わらないこと山の如し。
というのも、ストーリーがどうこうという作品では無い。正直、当初は面白いのかそうじゃないのかもよくわからなかった。ただこの雰囲気がたまらなく好きである。雰囲気漫画と言えばディスになるのだろうか。
真っ当なジュブナイルから始まり、SFだったりコメディだったり果ては落語や日記漫画もある。どれもが高クオリティだとは言わないし、元ネタが透けて見えるものもあるが、月刊連載であることも踏まえてその実験的なチャレンジ精神は買いたい。

IMG_20150529_0005_NEW

 

(虚空に向かって唾を吐く。)


筆ペンを多用した特徴的な絵柄(当時よく黒田硫黄のパクリとか言われてた)や、キーボードを叩く音の「タパタパ」や花火の爆発音「バポラ」などのあざといほど徹底した独自の擬音など表現の拘りは強く独特の雰囲気を作り出している。

また、話に一見オチが無いようなものも少なくない。難解なのか独りよがりなのかは読者によって評価が別れると思われる。

 IMG_20150529_0009_NEW



(憂鬱と薔薇)


子どもが大人になる通過儀礼としての、世界の理屈に取り込まれていく過程の中で、それに抗ったり従ったり受け入れたりする様を多用なシチュエーションを用いて描いている。
雰囲気だけと言われればそれまでだが、漫画という表現方法でしか確立しえない空気感がこの作品には漂っている。そこがたまらなく好きだ。
またこういう短編が読みたい。


-マンガ

執筆者:

関連記事

少女は恥じらい己と戦う【少女聖典ベスケ・デス・ケベス】

漫画ネタ。 おせちにあきたらチャンピオンもね。 スケベ女子は世界を制す 異性との会話もままならない内気な女子中学生円城寺ゆいかは、少女たちの間で囁かれる都市伝説、望みをかなえてくれる悪魔「ケベス」の噂 …

お前らチャンピオンも読めよ!割と最近の週刊少年チャンピオンで面白い漫画7選

週刊少年チャンピオン かつては週刊少年誌の覇権を握ったこともある存在だが(35年前)、今や「我ら四天王の中で最弱!」と言われても仕方がないほどにその権威は地に落ちている。(発行部数公称50万部) しか …

未完の名作?俺より強い奴に会いに行く!【ハイスコアガール】

ハイスコアガール 押切蓮介 月刊ビッグガンガン連載 既刊5巻                不名誉にも、大人の事情により連載が中断 …

1968年、東京。青年は原爆を目指す。【アンラッキーヤングメン】

アンラッキーヤングメン 大塚英志×藤原カムイ 全二巻 1968年、東京。戦後民主主義と共に、戦争を知らない子供たちは モラトリアム最期の季節を迎えた。   親からネグレイトを受けて育ち、集団 …

楽園から海街へと至る道 吉田秋生作品名作レビュー

「海街diary」の映画化を記念して、吉田秋生の過去作品から、個人的に好きなものを紹介したいと思う。   吉田秋生(よしだあきみ) 1956年東京都渋谷区生まれ 1977年「ちょっと不思議な …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)