ゲーム

【思い出のスーファミ】トルネコの大冒険 不思議なダンジョン

投稿日:2017年8月7日 更新日:

1000回遊べるは伊達じゃない

今で言うとスピンオフってやつになるのでしょう。

ドラクエ4第3章の主人公トルネコを主人公に据えたローグライクゲームシリーズの第一作。

 

もちろんローグなんて知らないですけどね当時。未だに触ったことないし。

僕が触ったローグは本作とローグギャラクシーだけです。ああ、ローグギャラクシーはローグじゃないんだ。

 

当時はこういったスピンオフって珍しかったんだよ。
ドラクエ4をお利口さん的にプレイすると、トルネコなんてガーデンブルクの人質ぐらいでしか目立った活躍がないので、あんまり愛着がない。
子供にとって太ったオッサンなんて嘲笑の対象でしかないんですよ。
今見ると結構かわいいデザインだと思う。いや僕はゲイではないですけど。

みちびかれシモのタチ。

 

ドラクエが全てのRPGの基本だと信じて疑わなかった少年時代には、レベル上げ=努力の結晶という見方が強くあって、一度ダンジョンから帰還するとレベルが1になるというのはものすごく抵抗があった。
今までの苦労は何だったんだって。

でも少しプレイするとすぐにシステムの面白さに気付く。

 

繰り返しのプレイで少しずつセオリーがわかってくる。
ああ、レベルが低いうちは眠っている魔法使いには手を出してはいけないんだな、とか、皮の盾は守備力が低いけど空腹値が増えにくいのか、とか、リリパットに正面切って戦ってはいけない、とか。

次第に自分の中でプレイスタイルが確立されていき、それに伴って進める階層も深くなっていく。

 

つまりは経験を積んでレベルが上がるのはプレイヤー自身なんだなと気づいた頃には冒険の主目的である幸せの箱まであと一歩、というよく出来た造りになっているのだ。

しかし、定石が理解できただけでは幸せの箱を持って帰還するのは簡単なことじゃない。

何故なら、本作には運の要素がかなり絡んでくるからだ。

 

ドラクエでは用意周到にレベルを上げて、そのエリアで手に入る最高の武器防具を買い揃えるまで延々とモンスターを狩るスタイルが正しいと思っていたので、本作では一階につき1レベル上げるという決まりで進めていた。
でもそんなものはすぐに破綻する。

 

フロアを全部見ていないけど、すぐに下に降りなければならない状況に追い込まれる場面は多く「次の階で2レベルあげれば・・・!」みたいな感じでズルズルと負債が累積されていく。

 

アイテムを盗むミニデーモンやレベルを下げてくるパペットマンにやられると、取られたものは取り返さないと気が済まない性格が災いしてどんどん状況は悪化していく。
睨まれると混乱して操作不能になる大目玉。力の最大を下げるミステリードール。見ただけで説明不要な感じのドラゴン、ギガンテス、シルバーデビル。
どんなにレベルを上げても、装備が高性能でも、一瞬の判断ミスが死に繋がる緊張感。これこそが何度やられても再チャレンジしたくなる本作の魅力だと思う。

ああ、久しぶりにやりたくなってきたな。奇妙な箱やさいごの巻物、証明の巻物なんかは一度も目にすることなく大人になってしまった。

風邪をひいて学校を休んだ日。母親が仕事に出たのを確認したら即スイッチオン。
咳をするのも忘れてプレイした小学六年の思い出。

枕元にはアイスノンと、サハギ君(仮名)から借りたうしおととらの15巻。

 

シュガ君(仮名)が頑張って作ったドラゴンキラー+48は僕の不注意でギガンテスに取られてしまったけれど今なら許してくれるだろうか。許してくれるね。その時は別の友達のせいにして誤魔化したんだけどさ。

-ゲーム
-,

執筆者:

関連記事

どうしてドラクエの主人公はレベル1で旅立つのか

2016年はドラゴンクエスト生誕30周年ということなので、個人的にも思い入れが深いドラクエについて何か書いてみようと思った次第。 ドラクエ1の発売が1986年の5月だから11月に書いても今更感が強いの …

定価で買って絶望しろ!擁護のしようが無いファミコンクソゲーレビュー7本

  クソゲーとは クソゲー。クソの様なゲーム。つまりは面白くない全く遊べないソフトに与えられる敬称である。 ファミコンの場合、それ以前のハードと比べるとソフトの品質管理がある程度出来ていたの …

【ゲームは一日】今こそ遊べ!ハドソンソフト名作集①【一時間】

「バーイ、ハドソン」(テーン) 今回はかつて存在したハドソンというゲームソフト会社に焦点を絞って、初期の名作を紹介してみようという企画。 レトロフリークが発売されてからちょっとしたレトロゲームブームが …

【マイナー】今こそ遊べ!ハドソンソフト名作集②【後期作品】

「どうしてこうなった」 はい、ハドソンネタの第二回目になります。 今回はファミコンに供給されたハドソンのソフトの中で、比較的知名度が低いと思われるマイナーソフトを紹介しようという企画。 マイナーソフト …

正月なので和風レトロゲームをいくつかね

「シンシュンシャンションショー」 はいどうもあけましておめでとうございます。 実家にも帰らず家で一人ゲームやってる親不孝者です。今年もよろしくお願いします。 年末から正月にかけての間って何となく和風な …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)